札幌ライフプランナーセンター
第3支社 第2営業所
営業所長 荻野 敬史
〒060-0042
北海道札幌市中央区大通西
9-1-18 SFI札幌ビル7F

直通:090-8783-0895
支社:011-242-5702
ソニー生命のソニー生命のライフプランナーはさまざまな業種から集まり自らの新たな可能性に挑み続けています

・・・本日はよろしくお願い致します。奥様がソニー生命の仕事をお知りになられたのはいつ頃でしょうか?
奥様・・・主人がリクルートをされた時に初めて知りました。実は、ソニー損保は前から知っていたんですが。

・・・ご主人から職のお話を聞いた時に疑問は持ちませんでしたか。
奥様・・・全然思いませんでした。

・・・それは、ご主人から直接ソニー生命に入社しライフプランナーになりたいとお話を聞いたからでしょうか?
奥様・・・そうですね。話を聞いた時から凄く素晴らしい仕事だという印象でした。主人もやりたいという事でしたので。疑うということはありませんでした。

・・・転職は大きな決断であり、不安があると思うのですが(笑)
奥様・・・はい、不安は無いんです(笑)
収入の面とか、そういう話もしていましたが特に不安も無く、何とかなるだろうという感じでした。

・・・ライフプランナーになる事には最初から賛成だったと伺っていますが。
奥様・・・そうですね。不安も特に無かったですし、本人がやりたいと言っていたので、最初から賛成していました。その頃前職の仕事の話も聞いていて、あまり充実している様子ではありませんでしたので。前職よりもやり甲斐があるんじゃないかと思いました。

・・・ご主人がやりたいと言えば賛成する方なんでしょうか?
奥様・・・はい、基本的には何でも。あまり、反対はしないですね。

・・・やり甲斐があると仰っていますが。これはライフプランナーの仕事の内容をお伺いになってという事ですか?。
奥様・・・そうです。やはり『人の為になる』それを職業とさせてやりたいと思っていました。人の為に働いて、その事で報酬として受け取れる事は本当に素晴らしいと思いました。

・・・この時、他のライフプランナーのお話しは伺っていらしたのですか?
奥様・・・リクルートと同時にライフプランナーが我が家に来て、そこで衝撃を受けたんです。初めて会う種類の人といいますか、今までお会いした事の無いような『情熱』・・・そういうものを持っている方だったので衝撃を受けましたね。

・・・それではご主人がライフプランナーになる事で『人の為になり家族も嬉しい』と仰っていますが、家族も嬉しいというのはどういう事でしょうか?
奥様・・・やはり主人がやりたい事をやって、活き活きしていれば見ている私たちも嬉しいですし、ライフプランナーとして頑張った分だけ報酬に返ってくる事ですね。

・・・奥様のご両親にご主人がライフプランナーになる事を、お話しをされましたか。
奥様・・・はい、しました。特に何かを言われた訳では無いのですが、転職・・・保険会社という事に関して「ああ、そうなんだ…。」という感じではありましたけど。反対という感じでは無かったです。

・・・奥様にとってライフプランナーを職業とするご主人とはどんな人ですか?
奥様・・・尊敬しています。
素晴らしい仕事だと思いますが、自分に置き換えると絶対に出来ないと思うんです。業務内容も時間的にもそうですし。私には到底出来ないことなのでやり遂げているのを見ると尊敬します。

・・・奥様から見て理想のライフプランナーとは『人生の伴走者』『嘘が無い人』『本当に親身になれる信頼のおける人』と仰っていますが。
奥様・・・はい、人生の伴走者というのはソニー生命のキャッチコピーでもありますが、嘘が無い人というより、嘘臭い人は、保険の営業マンに限らず苦手なので(笑)
それから、信頼のおける人は、全てに出ると思うんです。言葉やこちらの話を聞く姿勢、全てに出ると思います。自身の気持ちから、『本当に人の為になろう』『あなたの為になりたい』という事が言葉から出てくるものだと思うので。オーラみたいなものだと思います。
主人を見ていても、初めに来て頂いたライフプランナーの方を見ていてもそうでしたが、一歩我が家に入った時から、そう感じました。全てに通じて嘘が無く、本心からその家族の為になりたい、という意識を持っていないと駄目なんだと思います。

・・・ご主人の良い所は一番目に優しい!と仰っていますが。
奥様・・・うーん、あらためて言葉にするのは難しいですね(笑)
何て言うんでしょう、上辺だけではなく本当の意味で思ってくれる所でしょうか。具体的これがという事ではないのですが、忙しくて家族と一緒にいる時間は余り多くはないのですが、その中でも時間を作ろうとしてくれて。
疲れているので、本当は休みたいだろうに、と思う所はありますが時間が無い中でも時間を作ってくれ、きっと家族の事を思っていてくれているという気持ちは伝わってきますので。

・・・それから仕事を沢山する事。
奥様・・・はい。仕事人間というか。仕事を凄く大切にしているので。それは感じますね、有難いと思います。

・・・そして『人を大切にするおもてなし』ができると。
奥様・・・これは友人や家族もそうなんですが、友人等が家に来たり、食事に行ったりする時に凄く気を遣うというか、人を楽しませようとしてくれるんです。私は結構ボーっと見ているだけなんですが。そういう風にするのも凄く好きだと思うんです。そういう所を『凄いなぁ』『見習わなきゃ』と思っています。

・・・ご主人の欠点は無いのでしょうか。
奥様・・・欠点は・・・うーん・・・考えたんですけど。無いんですよね。怒られるとかじゃなくて(笑)
私よりキチッとしていて私の方が駄目なので(笑)

・・・欠点が無いというのも素晴らしいですね。
奥様・・・はい。

・・・転職のお話があってから、転職すると決めるまでお話合いをしたと思うんですけど、印象に残っていることはありますか?
奥様・・・今、振り返って考えていたのですが、毎日楽しかったです。
家では二人で晩酌をするのですが、その時にこれから始まる新しい仕事に対する情熱や、本当に良い仕事を見つけた、とか毎晩話していたという事を思い出しました。
夢や楽しい事も話していたのですが、『旅行に行きたいね』とか、『これから新しいこと挑戦して忙しくはなるけれど、老後は海外で住みたいね』とか。そういった話しでした。

・・・ではネガティブな事を考えずに転職したのですね。
奥様・・・そうですね。ネガティブな事は考えていませんでした。
ライフプランナーは大変な仕事だと思いましたけど『まぁ何とかなるだろう』と。今は、ライフプランナーになって良かったと思います(笑)

・・・それでは最後にご主人への応援メッセージをお願いします。
奥様・・・私がいつも思っていて最近、転職した時の事を思い出して強く思うのは、私はどれだけ頑張ってもライフプランナーにはなれないし、支えることしか出来ないのですが、精一杯頑張りたいと思います。
私も最初はお客様の為という思いが凄く強かったんですが、4年・5年経過してその気持ちが自分の中で薄れていたなぁっと最近凄く思ったんです。
主人が働いているのはお客様の為だという事を何となく薄れてきていたなぁと。『今日も帰り遅いのか』とか最近料理をしながら、考えていたりしていたんです(笑)
でも初心に帰って、新しい所長という仕事を支えていきたいと思うので頑張って下さい。


・・・ありがとうございます。
(取材UMI 2016年)